交通・くらしの情報

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 日本語
  • english
建物の安全を守る取り組み

建物の安全を守る取り組み

安全マネジメント委員会建物部会の取り組み

建物の火災や地震などの災害は起こってしまえば重大な被害が想定されます。安全マネジメント委員会の建物部会では、適切な建物管理を行えるよう点検や訓練、情報共有等を図り、建物の安全管理を徹底していきます。

緊急時における安全管理意識向上への取り組み

担架を使用した避難訓練【太宰府園】
担架を使用した避難訓練
【太宰府園】
消火器取り扱い訓練【レイリア大橋】
消火器取り扱い訓練
【レイリア大橋】

多くのお客様が集まる商業施設やオフィスビルでは、防火・防災訓練を実施しています。

当社グループが所管する各施設では、テナント様や従業員、ビル管理会社と共同して毎年訓練を実施し、火災や地震などの緊急事態に備えています。

また、遊戯施設では、お客様の避難誘導や担架を用いた救出訓練を実施しています。

 

ヒューマンエラー防止への取り組み

工事を担う部署においては、協力会社の参加の下、安全衛生大会の開催や、安全手順を記載した書類を複数の関係者で確認する仕組みを構築し、ヒューマンエラーによる事故を防ぐ活動に取り組んでいます。
また、グループ内外で発生した事故事例に関する情報の共有や、原因分析を行うことで、再発防止に努めています。

施設巡回点検の実施

建物部会による安全巡視【マンション新築工事現場(マークネクスト高宮)】
建物部会による安全巡視【マンション新築工事現場(マークネクスト高宮)】
(足場、クレーンの安全管理についての確認)

西鉄グループでは施設の管理に関する社内規則を制定し、これに基づき各施設において巡回点検を実施しています。グループの施設を中心とした過去の事故事例を教訓に、安全確保に日々取り組んでいます。
また、各部・各社のトップが巡視を行い、施設の課題を把握し、施設の安全に関する風土づくりと改善に向けた取り組みを推進しています。