西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
安全マネジメント体制

安全マネジメント体制

当社グループにとって「安全の確保」は、最も優先される事項です。お客さま、地域住民の方々をはじめとするステークホルダーの皆さまの信頼を獲得し、社会に存在し続けていくためには、当社グループが提供する商品・サービスの安全を確保し、その取り組みを継続していかなければならないと考えています。

西鉄グループ安全に関する基本方針 2006年9月21日制定

私たちは、西鉄グループ企業理念において「安全の確保」を第一の使命としています。
私たち一人ひとりが、自らの責任と役割を自覚し、お客様からの信頼に応え、社会的責務を果たしてまいります。

(1) 安全を何より最優先する組織・風土の構築
(2) 安全マネジメント体制の確立と継続的改善
(3) 安全を支える従業員の能力向上と健康の確保
(4) お客様の安全を第一に考えた商品・サービスの提供
(5) お客様との安全に関するコミュニケーションの推進
(6) 基本方針に基づく施策の確実な実施と法令の遵守

以上の方針に基づき、「安全の確保」に向けた不断の努力を重ねてまいります。

西鉄グループ安全マネジメント委員会

グループ横断組織である西鉄グループ安全マネジメント委員会は、基本方針に基づき、当社グループの安全に関する事項を審議・決定し、事業全般の安全性向上を図ることを目的として設置しています。

委員会の審議・決定事項を実施するため、下部組織として運輸・建物・食品の分野ごとに3部会と、各部会を組織横断的に機能させる総合安全部会、さらにその下に8専門部会を設けています。

西鉄グループ安全マネジメント体制 (2015年7月1日現在)

西鉄グループ安全マネジメント体制

安全に関するグループ共通テーマ

当社グループでは、グループ全体で共有できるテーマについて議論を行い、安全に対する認識を共有するため、2012年度より安全マネジメント委員会として取り組む「共通テーマ」を設けています。

現在、「職場の安全に関する認識や意識の乖離(ズレ)」を共通テーマとして、職場の安全風土を構築していく上で大きな課題である「上下間の意思伝達の認識のズレ」を解消するために各社・各部署にて取り組み、その状況の報告や意見交換を行っています。

今後も継続的に実施し、グループ全体の取り組みの活性化を図っていきます。

西鉄グループ安全推進大会

鉄道安推大会
西鉄グループ安全推進大会

管理者も含めた全従業員の安全意識高揚を目的として、「西鉄グループ安全推進大会」を毎年開催しています。

2014年11月に開催された大会では、多くの来賓者にご出席いただき、社長をはじめ、各部・グループ各社の代表者など総勢約440名が参加しました。

また慶應義塾大学大学院より高野研一教授をお招きし、「組織の安全文化構築に向けた取り組み〜事故を起こさない組織を創る」と題してご講演をいただき、安全意識の高揚・情報の共有の深化を図りました。

外部講師による講演会

安全マネジメントの取組みの一環として、外部講師をお招きして社内セミナーを開催しています。
2014年9月には、日本航空株式会社より客室教育・訓練室のインストラクターをお招きして、避難誘導訓練に関してご講演いただきました。
また、2015年3月には、株式会社安全・安心研究センターより広瀬弘忠代表取締役をお招きして、災害心理がもたらす人間行動とその対応についてご講演いただきました。

  • ニュースリリース