西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 日本語
  • english
食品の安全を守る取り組み

食品の安全を守る取り組み

にしてつグループの「食の安全」を守るために

お客さまの「食の安全」に取り組むため、スーパーマーケット、ホテル、レストラン、食品工場などの食品を取り扱うグループ各社を対象とした安全マネジメント組織である『食品部会』を設置し、活動しております。
西鉄グループ食品安全方針(「法令規定の遵守」「一般衛生管理の徹底」「内外コミュニケーションの促進」「マネジメント体制の確立・運用」)に沿って、年間計画の策定および実施状況の確認、厨房の衛生点検による改善指導などを行っております。

内外コミュニケーションの促進

(株)西鉄シティホテルでは、各厨房に食品安全インストラクターを配置し、食品安全に関する衛生チェックを日々実施しております。チェック結果を全厨房で共有し、課題解決を行うことで、より安全な料理の提供に努めております。
堅パンを製造している(株)スピナでは、実際の作業を繰り返し訓練することで、食品安全に対する意識づけを行うと同時に、訓練によって得られたノウハウの蓄積をマニュアルの改善に活かしております。

店舗での衛生管理

手洗いの徹底

衛生管理の基本である手洗いは、細菌除去を目的とした衛生的な手順をマニュアルに定め実施しております。さらに、食材や調理器具への二次汚染防止のため、こまめに手洗いを行っております。

 

 

 

調理器具の洗浄・消毒

食材を介した汚染防止のため、包丁やまな板、ダスター(ふきん)などは用途別に色を決め使い分けています。さらに包丁やまな板は、洗浄後のアルコール消毒を徹底しております。

 

 

 

食材の品質管理

使用食材は賞味・消費期限が早いものから順に使用しております。さらに開封時に使用期限を設定し管理することで、安全な食品の提供に努めております。