西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
食品の安全を守る取り組み

食品の安全を守る取り組み

にしてつグループの「食の安全」を守るために

お客さまの食の安全に取り組むため、スーパーマーケット、ホテル、レストラン、食品工場などの食品を取り扱うグループ各社を対象とし、会社組織を超えたグループ横断的な安全マネジメント組織である食品部会を作り、活動を行っております。
西鉄グループ食品安全方針「法令規定の遵守」「一般衛生管理の徹底」「内外コミュニケーションの促進」「マネジメント体制の確立・運用」に沿って、PDCAサイクルによるスパイラルアップを行っております。

店舗、施設の衛生点検

スーパーマーケットやホテル、レストランなど、食品を取り扱うグループ各社の厨房や調理施設に対して、外部専門機関による衛生点検を継続して行っており、2015年度で9回目となっております。
今回の結果については、厨房内における照明・レンジフード・空調設備等の清掃に関する適合率の向上が見られるなど、各事業所の意識が高まっていることが実証されています。これからも更なる改善を図り、お客様に安全・安心な食品を提供できるよう努めてまいります。

マネジメント体制の確立・運営

グループ各社において、食品安全に関する年間計画を策定し、食品安全推進委員会などの組織を設置して、PDCAサイクルによりマネジメントを行っております。
西鉄プラザは、提供している商品の「安全、安心」を維持していく上での基本的な行動計画について、四半期ごとの食品安全委員会にて進捗の把握を行い、社内で共有化しております。
また、西鉄ストアは、2014年10月に食品安全を含む安全マネジメントの専任組織を設置、店舗では毎月「食品安全衛生委員会」を開催するなど、マネジメント体制の強化を図っております。

  • ニュースリリース