西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
バスの安全を守る取り組み

バスの安全を守る取り組み

2014年度安全目標と結果

安全目標 結果
1.有責事故の減少 対2013年度比▲20% ▲6.2%
2.自動車事故報告規則第2条に基づく有責事故の絶無 9件
3.横断歩道上の事故根絶 6件

2015年度の重点課題

1.交差点事故をゼロにするために、黄色信号で確実に停車する「イエローストップ」や、右左折時には必ず「一旦停止し安全確認する」こと、また発車時の着席確認を確実に行うことを徹底し、安全運行に努めてまいります。

2.乗客負傷事故をゼロにするために、「発車時に3秒間の車内安全確認」をすることに取組んでいます。

完全輸送運動

バス部門では1969年から、事故ゼロを目標とした小集団活動「完全輸送運動」を実施しています。この運動は、小集団に分かれて討議を重ね、乗務員自らがお客さまへの対応や安全についての問題点を指摘し、その解決策を考え、実行し、自らチェックし、よりよい対策を考えていくというものです。また、本年より新たに「CS向上を目標」に完全輸送運動を通し、お客さまを「安全・確実・親切」に目的地までお送りすることを目指します。

緊急事態発生時の対応

緊急時訓練
緊急時訓練
緊急時訓練

バスジャック発生を想定した実践的な訓練を西鉄バスグループ内で毎年開催しています。さらに車両装備としても、後方方向幕にSOS表示を設定しているほか、高速バスにおいてはGPSを利用した緊急通報装置を備えており、緊急時には運行営業所・本社・警察が連携し対応できるような体制を整えています。
平成26年度は、福岡県警の協力のもと、九州7県のバス会社31社が合同訓練に参加し、バス会社間の連携を図り、お客様の安全を最優先とした内容で開催しました。

 

乗務員教育のさらなる向上

ITを活用し、乗務員への指導・教育の質のさらなる向上を図っています。

ドライブレコーダーの活用

走行中の画像や音声を運転中常時記録します。
西鉄バスグループの全車に搭載しています。録画された運転動作などを活用し、「ヒヤリ・ハット」のデータ収集や、より安全な運転をするための討議を行っています。
また、収集データは「安全情報共有ポータル」で必要な時に必要な情報をいつでも検索できる仕組みとして、事故防止に活用しています。

1.ドライブレコーダーによる記録

ドライブレコーダーによる記録1ドライブレコーダーによる記録2
横矢印

2.映像分析

映像分析1映像分析2
横矢印

3.分析に基づいた運転指導

分析に基づいた運転指導

デジタルタコグラフの活用

乗務員の運転操作(スピードやエンジン回転数など)をデータ化し、解析ができる装置で、安全運転やエコドライブについてのより具体的な指導が可能になります。グループ全車両に導入しています。

衝突被害軽減ブレーキ

安全な車間距離以下になると、警報や自動ブレーキが作動し、運転士に注意を促します。さらに、追突の可能性が高くなると、より強力なブレーキが作動し、衝突時の速度を抑え被害を軽減します。西鉄グループでは2011年度以降導入した高速バスに取り付けを開始しており、2014年度末時点で101台(西鉄本体81台、グループ会社20台)に装備しています。
※2014年11月以降に製造される高速バスには、当装置の取り付けが義務化されます。

衝突被害軽減ブレーキ イメージ

ドライバーモニター

常に走行中のドライバーの顔向き、目の開閉状態を検知して前方不注意を警報します。正面を見ていない場合などに警報音と表示で警告、先行車両がいない場合でも単独で警報を発信するとともに被害軽減ブレーキの作動を早める装置を2014年度末時点で高速バス20台(西鉄本体14台、グループ会社6台)に導入しています。

モニターカメラ位置

モニターカメラ位置

カメラ撮影範囲

カメラ撮影範囲
横矢印

警報ブザー及び表示で警告

警報ブザー及び表示で警告

 

モービルアイ

高速バスの追突警報装置として、従前より「トラフィックアイ」を導入していましたが、それに替わり新たに「モービルアイ」の導入を開始しました。トラフィックアイと同じく、レーダーで前方の車や障害物との距離を計測し、アラームやバイブレーターで乗務員に危険を知らせるという装置ですが、モービルアイではさらに車線逸脱警報や歩行者衝突警報の機能が加わっています。
モービルアイは2014年度末時点で高速バス194台(西鉄本体144台、グループ会社50台)に導入しており、2015年度にはさらに高速バス33台(西鉄本体28台、グループ会社5台)に導入予定です。

  • ニュースリリース