西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
コンプライアンスの推進

コンプライアンスの推進

コンプライアンス方針

「にしてつグループの企業理念」を実践するうえで、私たちが従業員一人ひとりがとるべき行動の原則を10項目で示した「にしてつグループコンプライアンス方針」を制定しています。

その方針を実践するうえでの基本方針や判断・行動の基準を具体的に表したものとして「にしてつグループコンプライアンスマニュアル」を作成し、当社グループの全従業員に配布しています。

従業員アンケートを通じた取り組み

当社グループでは、全従業員を対象としたアンケート調査「コンプライアンスセルフチェック」を2004年から継続的に実施しています。2013年8〜9月に実施した「第8回コンプライアンスセルフチェック」では、当社グループ全従業員の67%から回答がありました。

アンケートの回答は事業部門、グループ会社ごとに集約して分析し、CSR推進会議で結果報告を行いました。その後、グループ各社のコンプライアンス推進幹事、推進責任者が中心となって各職場でこの結果を報告するとともに、浮かび上がった問題点や課題についてはそれぞれの職場で具体的な改善策を策定しました。

意識啓発(研修活動)

社内の階層別研修やグループ会社が実施する研修等にあわせてコンプライアンス研修を行っています。また、社内イントラネット、壁新聞などによる定期的な情報発信を通じて、グループ従業員の意識啓発にも努めています。

このほか、グループ会社訪問の際に、各社のコンプライアンス意識の浸透や研修状況等に関する情報収集を行い、継続的なサポートを行っています。

内部通報制度

コンプライアンスに反する行為を内部通報する制度として、当社グループのすべての役員、従業員が利用できる通報窓口を設置しています。社内窓口を西鉄法務部内に、社外窓口を外部の法律事務所に設けており、窓口の運営にあたっては、通報への対応や利用者の保護が確実に行われるよう規程を定めています。2014年度のコンプライアンス通報件数は42件でした。

内部通報制度の概要

「こんぷらサポート便」サイト画面