西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
労働安全衛生

労働安全衛生

労働安全衛生推進計画

当社グループでは、従業員の労働安全衛生を徹底するためにグループ一体となった管理体制をとっています。毎年、安全と衛生のそれぞれに対してグループ目標と活動方針を策定しています。

なお、2013年は業務上災害が170件、通勤災害が80件発生しています。

2014年度の安全衛生管理活動計画

安全活動

グループ目標

  1. 死亡・重大災害を絶対に起こさない
  2. 業務上災害・・・転倒災害(つまずいた・滑った・踏み外した)の撲滅
  3. 通勤災害の撲滅(特に二輪車)
  4. 安全で快適な職場環境づくりの推進
  5. 安全衛生管理体制の確立(法令の遵守)

活動方針

  1. 作業手順マニュアルの厳守と不安全行動の禁止
  2. ヒヤリハット等の情報収集と活用による災害防止
  3. ゆとりある出退勤の励行と公共交通機関の利用促進
  4. 安全衛生職場巡視の強化、施設等の危険箇所の改善

衛生活動

グループ目標

  1. 業務中の脳・心臓疾患の発症を防止する
  2. メンタルヘルスケア体制の更なる強化
  3. 生活習慣病の発症を予防する
  4. 感染症を予防する
  5. 衛生環境の向上を図る

活動方針

  1. 社員に対する健康管理体制の充実
  2. 西鉄グループ「心の健康づくり計画」の展開
  3. 定期健康診断の100%受診
  4. 定期健康診断後の保健指導体制の充実
  5. 感染症予防に対する啓発
  6. 分煙化の徹底

メンタルヘルスの取り組み

「心の健康づくり計画」を策定し、メンタルヘルスの保持増進を図っています。また、グループ誌やポスターなどを通じてメンタルヘルスに関するセルフチェックを推進するとともに、外部相談窓口を設置して個別の相談にも対応しています。更に、メンタルヘルスに関する症状の理解と適切な対応を習得するため、管理者に向けた研修を実施しています。

2011年度からはストレスチェックを年1回実施し、定期健康診断の問診時に個人へフィードバックする取り組みをしています。また、新しい取り組みとして一般社員向けのセルフケア研修を実施する予定です。