西日本鉄道株式会社 : 電車情報

西日本鉄道株式会社

西鉄電車について

車両のご紹介

3000形
3000形
 平成18年3月、600、700形の代替となる通勤電車として当社初のステンレス車両3000形がデビューしました。
  車体は車体幅を従来の2670mmから2724mm(車側灯含まず)に拡幅することで客室面積を拡大しています。
  構体は側構体を耐食性の高いステンレス鋼とし省メンテナンス化、省エネルギー化を図っています。構体は一般的なスポット溶接からレーザー溶接にすることで溶接痕が目立たない、きれいな外板を実現しています。また、先頭構体は独自性を出すため意匠性にすぐれた普通鋼としています。
  客室は、片側3扉とし、側出入口間に2人掛けの転換式クロスシートを5脚、車端の一般部に4人掛のロングシートを1脚設けています。またクロスシートを全て転換式とし、クロスシートと側出入口の間に防風板を設置することで座席に座られたお客様のプライベート空間を確保しています。
  集電装置はMc車、M車に2台搭載し、従来の下枠交叉式集電装置から、部品点数が少なくメンテナンス性のよいシングルアーム式に変更しました。また振動に対し追従性のよいシングルアーム式の集電装置を使用することで高速走行時の集電能力の安定化も図っています。
  3両固定編成及び5両固定編成M1車に関しては、トリプルモードを採用することで、従来の制御装置より冗長性の高いシステムとなっています。トリプルモードとは、通常走行時の1C2M−VVVF制御の他に、1C4M−VVVF制御、CVCF制御と3つの制御モードを制御ユニットにもたせ、インバータ1群故障時またはSIV故障時においても制御を切り換えることで健全なインバータが使用可能となるシステムです。また、その際においても2.5km/h/sの加速度を維持しつつ、回生ブレーキ有りで営業走行継続が可能となっています。
  以上のように、「車体組み立てへのレーザー溶接技術の初採用」、「急行用車両としての高品位な客室サービスの提供」、「短編成用として適切な故障対策」といった特徴が評価され、3000形は2007年の「ローレル賞」に選定されました。

●編 成 13編成=42両
★印は車いすスペース設置車両(平成25年4月現在)
 3両×4編成=12両
Tc1 M Tc2
★3001 3301 ★3501
★3002 3302 ★3502
★3006 3306 ★3506
★3007 3307 ★3507
 2両×5編成=10両
Mc Tc  
★3103 ★3503 -
★3104 ★3504 -
★3105 ★3505 -
★3108 ★3508 -
★3113 ★3513  
 5両×4編成=20両
Tc1 M1 T M2 Tc2
★3009 3309 3409 3609 ★3509
★3010 3310 3410 3610 ★3510
★3011 3311 3411 3611 ★3511
★3012 3312 3412 3612 ★3512

●諸 元
 3両×4編成=12両
項目 Tc1 M Tc2
車体 長さ 19500mm
2770mm(車側灯含)
高さ 4096mm 4170mm 4096mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(44)名 131(56)名 118(44)名
制御方式 - VVVF -
モーター出力 - 175kw×4台 -
ブレーキ方式 空制 空制・回生 空制
製造初年 平成18年
 2両×4編成=8両
項目 Mc Tc -
車体 長さ 19500mm -
2770mm(車側灯含) -
高さ 4170mm 4096mm -
扉数(片側) 3扉 -
定員(座席) 118(44)名 118(44)名 -
制御方式 VVVF - -
モーター出力 175kw×3台 - -
ブレーキ方式 空制・回生 空制 -
製造初年 平成18年 -
 5両×2編成=10両
項目 Tc1 M1 T M2 Tc2
車体 長さ 19500mm
2770mm(車側灯含)
高さ 4096mm 4170mm 4096mm 4170mm 4096mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(44)名 131(56)名 131(56)名 131(56)名 118(44)名
制御方式 - VVVF - VVVF -
モーター出力 - 175kw×4台 - 175kw×3台 -
ブレーキ方式 空制 空制・回生 空制 空制・回生 空制
製造初年 平成21年

3000形ローレル賞
3000形ローレル賞
2007年 鉄道友の会ローレル賞受賞時の晴れ姿

このページの先頭へ