九州鉄道は百貨店進出を目論んでいた呉服店「岩田屋」を誘致し、福岡駅を南に移設して1936(昭和11)年10月、九州初のターミナルデパート「岩田屋百貨店」が開業。ひと足先に百貨店を開業していた松屋とともに、天神地区の商業集積が加速するきっかけとなりました。この年、春に長浜地区(現在のKBC付近一帯)の埋立地で博多築港記念大博覧会が開催され、天神町は博覧会場へ向かう人々で大いに賑わいました。戦時下の1942(昭和17)年9月、福岡県下の私鉄5社が合併して西日本鉄道が誕生しています。
 
九鉄マーケット(左)と九鉄福岡駅(右手前)
1933(昭和8)年頃 所蔵:西日本鉄道(株)
岩田屋開業直前の福岡市を描いた鳥瞰図(天神部分拡大)
1936(昭和11)年 所蔵:益田啓一郎
開業時の岩田屋百貨店
1937(昭和12)年頃 所蔵:平原健二
岩田屋百貨店と天神町交差点(九州鉄道発行の絵葉書)
1938(昭和13)年 所蔵:西日本鉄道(株)
岩田屋百貨店開業に伴い南へ移転新築した福岡駅構内
1937(昭和12)年頃 所蔵:西日本鉄道(株)
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2014 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.