貝塚線(現役車両)


車両イラスト(c)edit CUE  

撮影:吉富実
 
大部分が手動扉の当線車両陣の居住性向上と省力化を、大牟田線から新車投入による余剰車を転籍、改造して実施することになり、第1陣として313形が転入した。台車と電動機は西武鉄道から中古品を購入して充当し、車体塗色は大牟田線2000形を真似たオキサイドイエローにボンレッドの帯に変更し、やがて宮地岳線の標準色となる。後に車体更新工事で3扉化されて冷房化し、台車と電動機、制御装置も西武701系のものに更新している。

形式
モ313
製造初年
1952年
定員数(人)
130
座席数(席)
66
自重(t)
36.2
全長(mm)
18,500
幅(mm)
2,740
高さ(mm) 4,045
撮影:松嶋克廣
 
   


 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2014 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.