1966(昭和41)年10月1日、大牟田線(現・天神大牟田線)は特急・急行の30分間隔運転を開始しました。これは高度経済成長期に実施された輸送力増強計画のもと、前年の開〜倉永間や同年10月の大善寺〜三潴・大溝〜蒲池間の複線化など施設改良が整い実現したものでした。それから50年、今回はその間に登場した歴代の特急車両をご紹介します。


写真パネルの貸し出し、画像プリント及び画像レンタルサービスも行なっています。詳細は西鉄広報室アーカイブ担当(TEL 092-734-1380)までお尋ねください。
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2016 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.