1970年代初めまでは、頻繁に扉の開閉を行う路線バスは車内全部をくまなく冷房することは不可能とされていました。西鉄ではこの課題に積極的に取り組み冷房能力30%アップに成功、全国で初めて1976(昭和51)年6月15日より福岡・北九州・久留米地区の一般路線バスに35台の冷房車を導入しました。1982(昭和57)年夏には全国のバス事業者の先頭を切って冷房化率100%を達成するなど、都市型路線バスの全国モデルとなりました。今回は路線バス冷房化の歴史の一端を写真でご紹介します。


写真パネルの貸し出し、画像プリント及び画像レンタルサービスも行なっています。詳細は西鉄広報室アーカイブ担当(TEL 092-734-1380)までお尋ねください。
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2016 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.