今から40年前の1976(昭和51)年2月2日、西鉄グループの筑豊電気鉄道は初の自社保有車両2000形の運行を開始。これは前年11月に廃止となった西鉄福岡市内線1000形連接車を購入したものでした。同時期に購入した北九州線1000形車両と合わせて、1977(昭和52)年1月から3連化・主電動機の出力アップ等の改造を行ない、同年7月より2000形5編成(2001〜2005)が順次運行を開始しました。元北九州線の2編成と合わせて計7編成が永年活躍し、現在も2編成が現役ですが、新型車両5000形の導入に伴い数年内に引退を迎える予定です。今回は筑豊電鉄2000形の歴史をご紹介します。


写真パネルの貸し出し、画像プリント及び画像レンタルサービスも行なっています。詳細は西鉄広報室アーカイブ担当(TEL 092-734-1380)までお尋ねください。
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2016 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.