1952(昭和27)年に大牟田線(現天神大牟田線)に導入された313形は、強度を損なうことなく車体を軽量化する「モノコック構造」を採用した日本初の鉄道車両として誕生。1977(昭和52)年に宮地岳線(現貝塚線)の近代化とワンマン化をめざして転籍し、以来37年にわたり運行されてきました。2015(平成27)年1月24日の引退を前に、旧塗色(ベージュとマルーンのツートンカラー)でラストラン運行されています。

写真パネルの貸し出し、画像プリント及び画像レンタルサービスも行なっています。詳細は西鉄広報室アーカイブ担当(TEL 092-734-1380)までお尋ねください。
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2015 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.