1963(昭和38)年、西鉄ライオンズはロイ、バーマ、ウィルソンの外国人3選手の活躍もあり、お家芸の逆転優勝を遂げる。一時は首位から14.5ゲームあった差を詰め、近鉄との最終四連戦に4連勝しての逆転劇は、昭和33年を上回るまさに「奇跡」であった。
 日本シリーズでは惜しくも宿敵・巨人に3勝4敗で破れたが、5度目にして最後のリーグ優勝は、世代交代が進みスター選手が去った西鉄にあって最後の輝きだった。その後、昭和40年代に入っても池永正明らの活躍で2位を2度記録するなど、常勝軍団として、九州の球団として輝きを放ったが、1972(昭和47)年のシーズン限りで西鉄ライオンズは太平洋クラブ・ライオンズとなりその歴史を終えた。
(執筆・文責 益田啓一郎 編著「西鉄ライオンズとその時代」より)
川崎監督時代のクリーンナップ、豊田泰光、中西太、関口清治。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
川崎監督時代の投手陣、稲尾和久、畑隆幸、若生忠男 ら。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
平和台球場の応援風景。
1960(昭和35)年8月17日 所蔵:西日本鉄道
川崎監督時代の捕手陣、和田博実ら。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
引退試合、最終打席での大下弘選手のバッティング。
1960(昭和35)年3月1日 所蔵:西日本鉄道
完成した当時の西鉄ライオンズ百道寮。
1959(昭和34)年9月2日 所蔵:西日本鉄道
試合前の練習をファンと一緒に見つめる稲尾投手。
1961(昭和36)年3月10日 所蔵:西日本鉄道
対大毎戦の試合風景、田中選手ホームイン。
1960(昭和35)年4月10日 所蔵:西日本鉄道
平和台球場ベンチで談笑する選手、川崎監督らコーチ陣。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
川崎監督時代の外野手、高倉照幸、玉造陽二、花井悠ら。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
川崎監督時代の内野手、仰木彬、滝内弥瑞生、田中久寿男、城戸則文ら。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
試合前の練習風景。
1960(昭和35)年9月 所蔵:西日本鉄道
対阪急戦登板前に談笑する川崎監督と稲尾投手。
1960(昭和35)年9月17日 所蔵:西日本鉄道
引退試合でベンチにて出番を待つ大下弘選手。
1960(昭和35)年3月1日 所蔵:西日本鉄道
引退試合での大下選手とスカウトの中島国彦氏。
1960(昭和35)年3月1日 所蔵:西日本鉄道
十日恵比須神社にて祈願祭とサイン会へ。
1960(昭和35)年1月10日 所蔵:西日本鉄道
十日恵比須神社にて祈願祭の後、東公園凧揚げ大会のサイン会。
1960(昭和35)年1月10日 
所蔵:西日本鉄道
最後のリーグ優勝以降の秘蔵写真は次ページで紹介しています。
 
 
 
個人情報の取り扱いに関する基本方針個人情報に関する公表事項サイト利用規定
 企画・制作 西日本鉄道株式会社 Copyright(C) 2000-2013 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.