西鉄くらしネット

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
幅広い人材の活用

幅広い人材の活用

人材の有効活用を目指し、様々な制度の導入や取り組みを推進しています。

適配試験 バス・鉄道運転士から事務系の職場への配置転換試験
高齢者雇用 定年退職後の再雇用制度
1.マスター社員制度:2006年導入
2013年パートタイム勤務を新設
2.シニア社員制度:パートタイム勤務 (1989年から導入)
2008年4月より、雇用上限年齢を65歳から68歳へ引き上げ
キャリアリターン制度 結婚・子育て・介護などを理由に退職した従業員の再入社制度 (2012年から導入)

留学生の採用

これまで国際物流部門以外での留学生採用の実績はありませんでしたが、2011年に本社新卒採用として初めての留学生が入社しました。2014年まで5名を採用しています。

障がい者雇用の拡大

2011年1月に特例子会社「西鉄ウィルアクト」を設立し、2014年度末現在障がい者5名が事務、各種印刷および製本加工、清掃業務などの受託業務を行っています。

西鉄では戦後初 女性鉄道運転士誕生

女性運転士
女性運転士

2014年3月28日、西鉄電車教習所で「甲種電気車操縦者第60期生」の修了式が開催され、60期生9人を代表して待鳥真那さんが答辞を述べました。待鳥さんは、戦時中の一時期、路面電車を女性が運転していたことを除けば、西鉄では初の女性運転士。答辞では「鉄道運転士としての自信と誇りを持ち『もっとも優先されるのはお客さまの安全である』を心に刻み、日々邁進していきます」と強い決意を述べました。